2018年4月4日水曜日

熊ヶ岳

音羽三山の縦走は、尾根道で、簡単と思っていましたが、しっかり下って登ります。
約50m下り、約100m登り再び約100m下りそして約100m登ります。
その後、大峠まで、小さなピークを二つ越えます。
 熊ヶ岳は、山容が綺麗で登ってみたくなる山ですが、眺望もなく道も平凡と言う事で人気がないそうです。.......観音寺以降、今回の山歩きで出会った人は一人だけでした。
木々に隠れた三角のピークが熊ヶ岳です。
 大きな岩がありますが、岩場の登りはありません
 急峻な所も植林されています。これから夏にかけて熊笹が伸びて行く手を阻むそうです。
 何とか登ってきました。噂どおり山頂には目印だけです。これがないと通り過ぎてしまいそうです。

 少しだけ眺望がありましたが、夏になれば、熊笹で見えなくなりそうです。
 反射板からは、本格的に下ります。....ここに熊ヶ岳の三角点があるそうです。
 大峠に到着しました。
日本書紀にも出てくる歴史ある峠です。神武天皇の時代に、女軍を置いたそうですが、どういう軍だったのでしょうか?......女坂の女軍、男坂の男軍ということですが......
 小さなお地蔵さんあります。竜門が岳や伊勢街道の宇陀に抜ける道もあって、要所であったと思われます。
 林道はひどく荒れていました。何とか進む事はできますが、フィールドアスレッチクのようでした。
 この谷の斜面が崩壊して木や土砂が流れ込んだようです。
 復旧には時間がかかりそうです。舗装道路も亀裂だらけです。
 舗装道路の上に土砂が流入して山道になっていました。
 針道の集落に入ると桜がきれいです。高架道路を縫うように降りてゆきます。
 不動の滝に到着です。以前来た時より水量が多く滝らしく見えます。
反対側には破不動尊が祀られています。
ここより一時間に一本のバスを待ちます。

2018年4月3日火曜日

音羽山~経ヶ塚山登山

音羽三山は、今ひとつ人気がないという感じで受け取っていました。
アクセスが悪く、山道も林道が多く、見晴らしも悪い(今まではほとんどありませんでした)
 植林地帯で、尾根道も熊笹で覆われる事も多いので、植生も限られている感じというのが、地図やガイドブック上の読み解きでした。
最近は、音羽観音の取り上げや、万葉展望台などで、少しだけ評価を上げた方が良いのかもしれません。
 精進料理と宿坊で、ジワジワと人気上昇中の尼寺です。
千手千眼十一面観音菩立像が祭られていて、眼病にご利益があるそうです。
ほのぼのとした雰囲気は、住職のお人柄かも知れません。我々もお誘いを受けましたが、時間的に難しいので、お断りをして境内の散策だけを行いました。
三人の人形が並んでいます。
 梵鐘も立派で、よくこの場所まで持ち上げたものです。
1200年?の歴史あるお寺で、修験道の霊場でした。その後、衰退して江戸時代に再興されたということです。
近くにある談山神社・聖林寺などと違って、とても厳しい所に建っています。来られる方も限られているようで、皆さん山の正装です。
懐具合と時間に余裕があれば、精進料理(要予約)を食べてみたかったです。

 奈良県指定文化財の葉つき大イチョウの木も有名です。こんな大きなイチョウの木は初めてかもしれません。
 九十余社神社です。
 ゴマ供養の場所です。後には小さな滝があります。
精進料理に後ろ髪を引かれながらも音羽山を目指します。
少し前までは、展望のない山道でしたが、万葉展望台が出来ました。現在は桜の木を植樹を進められています。
従来の山道とは違うルートで、なりかなり急峻です。また木々が伐採されていますので 滑落しないように気をつけました。.....ちょっと怖いです。
 ヘビーな道を登りきるとベンチがありました。金剛山から葛城山の勇姿も見れます。近くには談山神社も確認できました。
これより近道ルートを登りましたが、案の定、急坂でした。
 音羽山到着です。眺望はありません。
 こんな頂上付近でも植林されていました。これよりアップダウンとなります。
 鞍部を過ぎるとまた登りが待ち受けています。頂上はこのコブのような所です。
 何とか到着しました。お昼でしたが、誰も居られません。......お寺以降、誰にもあっていません。
談山神社の鬼門となるために、ここにお経を埋めたそうです。
宇陀の方面は見えていました。ここで昼食休憩です。

2018年4月2日月曜日

奈良県 音羽三山

奈良県の桜井駅から南東へ10kmほどにある、音羽山・経塚山・熊ヶ岳からなる音羽三山を縦走しました。
花粉症でグズグズしていましたが、あえて花粉の中に飛び込みました。(失敗)
この日は、マンモス大学の入学式ということもあって、近鉄電車は大入り満員となっていました。
親御さんも来られるので、ホームにまで到達できない状態の駅もありました。何とか其処を過ぎてしまえば、平穏無事な車内となりましたが、朝のラッシュアワーが大変そうです。
そんなこんなで、奈良盆地の東の端の桜井駅に到着しました。
駅の南出口から、多武峯・談山神社行きバスで下居停留所で下車します。....1時間に一本ぐらい
 15分ほどで、到着です。別に音羽山登山口という停留所もありますが、今回はさらに奥からスタートします。
桜が出迎えてくれました。
 今回は観音寺のルートを使います。
千数百年の歴史あるお寺ですが、テレビで取り上げられてジワジワと人気が出てきているそうです。
 三人の女性で運営されている尼寺?ということで、参道の標識や看板も可愛い感じです。
 里山の集落では、花がたくさん植えられていて、飽きる事はありません。
 慣れていない人には、厳しい参道で、約1時間ぐらいの上り坂となります。特に後半は傾斜も厳しくなります。
 参道は熱心な信者さんによって整備されたようです。車も途中の駐車場までで、本堂までは、しっかり歩く必要があります。
 手作り感満載ですが、癒されます。
 汗だくとなってきました。しばらく、桜を見て休憩です。
 左手から登ります。道幅も狭く急な坂となります。参道には、幟がマメに設置されていました。寄進者には、女性が多い感じです。
 しんどいところで、この標識です。安寿さんの心配りが嬉しいです。
 こんなところにも橋の名前がありました。1mもあるかな~

 所々に階段がでてくると、お寺も近いと言うことです。
この階段の先がお寺となります。スタートから約360m登りました。

2018年3月29日木曜日

弘川寺へ

奈良県への道も一部閉鎖となっていました。....鯨の滝
しばらくの間、閉鎖が続くかもしれません。
安全策で、弘川寺へ抜けるコースで下山しました。幅広の林道が多く、傾斜も緩い道です。
 頂上付近には、電波塔や様々な施設がありますので、管理道路となっているのでしょうか?簡易な舗装道路箇所もあります。......これがなかなかの曲者で、砂が入り込むと大変滑りやすくなります。
 この柵は、猪避けではなく、車両止めのようです。
 この道もいたるところで、崩落があったようで、倒木の伐採や土嚢による補修などが見られました。
 六甲山系にあったような真砂土が多くあるようで、石も手で簡単に割れます。
木の根も浅くしか生えていないので、斜面の保持力は弱いようです。
 民家が近づいてきました。このあたりから分岐が多く、道が複雑になってきます。
 弘川寺の駐車場の桜です。ソメイヨシノはまだ蕾でした。........4月1日が満開予想です。大阪市内では、すでに満開です。
 標高が下がるにつれて気温が上昇してきました。
 656年に役小角によって創建されました。桜や紅葉で有名ですが、西行法師の終焉の地としても有名です。
 1時間に一本のバスを待ちました。このあたりでは、まだ多いほうかもしれません。

2018年3月28日水曜日

葛城山

 広大な頂上付近は、たくさんの見所があります。
 この日(24日)は天気もよく、かなり遠方まで見渡せました。
大台ケ原付近でしょうか?まだ雪が残っているようです。
これらは、昼食処でもある桟敷の広場から見れました。
 山頂より少し南にあるパラグライダーの離陸場所です。この日は、こちらからのテイクオフだったようです。
 山頂の三角点です。
山頂のモニュメントです。大阪の方もよく見えました。
反対側の大和三山です。奈良側もくっきり見えていました。