2020年3月23日月曜日

奈良県 矢田丘陵ハイキング 3.21

ここも、一年に一度は訪れている道です。
有名なお寺や、長い歴史があるところで、見どころも多いところです。
法隆寺から南生駒駅までが一般的なコースですが、北側にもルートがありますので、体力な合わせて設定できます。
 JR大和路線の法隆寺駅です。大阪中心部から40分ほどで到着です。30年前とは、もっとローカルな感じの駅舎でした。
駅から1.5㎞ほど歩くとようやく南大門に到着です。
ご時世でしょうか?参拝客は少なく、バスの駐車場もガラガラ状態でした。
 さすがに日本を代表する寺です。その規模と荘厳さは、ほかにありません。
 中門に到着です。今のところ海外からの観光客は見当たりません。

ものすごい迫力です。どんな邪気も通ることはできません。
 法隆寺の北東にある天満池です。時折,梵鐘がの音が響いて、実に良い感じです。
山道に入ってしばらくすると、松尾寺に到着です。
厄除け祈願の最古の寺院です。
三重塔は、明治時代に当時の部材を使って、大修復されたそうです。835年の創建です。
このコースで最も急な坂がある山頂までの道を一気に登りました。(短いです。)
山頂には電波塔があって、その横にひっそりと松尾山の三角点があります。
奈良盆地が一望できるポイントが続きます。左側ぎりぎりに、若草山が写っています。
 展望塔は壊れていて使用禁止でした。
狭い耕作地でもなぜか美しく感じる日本の風景です。
 近鉄南生駒駅に向かう道路からの生駒山です。暗峠に向かう道などが見えて、なかなかの景色です。
南生駒駅前の竜田川です。
4時間ほどのハイキングでしたが、道そのものが日本の歴史という感じがします。


2020年3月8日日曜日

再び、生駒山へ

コロナ騒動で、テニスもお休みとなって、遠出も憚る風潮のなか、足慣らしの生駒山に登りました。
 いつものように、枚岡神社がスタートです。駅を出るといきなりの階段責めが待っています。
 今日は、中高校生が多く登山道へ向っていました。家の中にいてるのもツライのでしょう。
 梅の花が見ごろです。南側に梅林があるのですが、病気が蔓延して伐採されたようです。(未確認)
 すでに高い所に来ています。お隣の国もお休み中とあって、なんとなくよく見える気がします。花粉症も軽減されていると思います。
 真っ赤な豊浦橋を渡るコースで進みます。
葉っぱの少ない時期ですので、豊浦の滝もしっかりと見えていました。
 枚岡展望台です。定年退職者さん達の憩いの場所です。夜景も綺麗ということです。
 この急坂が、枚岡神社神津嶽本宮です。粉あたりの地名も出雲井ということで、神秘的な気がします。
 らくらく登山道の桜並木も、月末には満開?になるのではと思うぐらいに暖かい日でした。
 大阪府防災無線生駒中継所です。
ふれあい広場まで来ると、後ひとふん張りです。
生駒山の登山道は、トイレや休憩所が充実しています。
 万葉植物園も春に備えて、手入れされていました。今回はこの上の「僕らの広場」が、お昼休憩の場所となりました。陽射しもよく、風もない絶好のお天気でした。
それにしても、今日は、若い登山者(学生さん?)が多かったです。
 下山時の休憩ポイントである、「見晴らし広場」です。浮遊感のある展望所です。
ここから降りてきました。川沿いの狭い道ですが、距離が無いので、あっという間です。
先の見えないコロナ騒動から、通常の生活に戻るまで、我慢ですね。

2020年2月18日火曜日

中山 天宮塚(2月15日)

相変らず暖冬が続いています。登山でも着る物の選択に困ります。
なんとなく荷物が増えてしまう中、中山観音の奥山に登りました。
徐々に山らしいところに登りはじめていますが、今回も侮る事ができない低山です。
 この日は、阪急宝塚線の中山観音駅がスタートです。大阪梅田から30分ほどで到着しました。
以前はすぐ南のJR中山寺駅を利用していました。
 駅前は参道となって、お店が並んでいます。
 赤い仁王さんがお出迎えであります。関西では、安産祈願のお寺として有名です。
 梅祭りの準備が進んでいました。
 妊婦さんのためでしょうか?エスカレーターがあります。
 何度も来ている所ですが、、こんな古墳を見落としていました。石の櫃(からと)とも呼ばれていますv。立派な石棺が安置されています。
 甲山が見えてきました。
 紅白の梅が眼を引きます。
 曇り空に鮮やかな花びらが映えます。
 梅らしい枝ぶりです。
 若干、満開には早すぎたようです。梅林には寄らずに登ります。
 かなり多くの登山者が登られるようです。次から次へと人が来られます。
 謎の噴水です。周辺は茶色に変色しているので、温泉でも吹き上げているのかと思いました。
 このルートは幾つかの堰堤を越えて行きますので、川を渡るところや岩場の所もあって、変化に富みます。
 かなり山深い景色ですが、地図で見ると住宅街やゴルフ場がすぐ近くにあります。
 大阪湾からの水蒸気でしょうか、大阪平野は霧に覆われているように見えます。高層ビル群の上層部と周辺の山の稜線が浮かんで見えていました。
 甲山などの近景は霧の影響は少ないようです。
中山山頂部は狭くて景色も今ひとつなので、天宮塚と呼ばれるこの場所で昼食としました。
沢山の登山者が山頂へ向っておられるようだったので、我々は、奥の院から清荒神へのルートで下山しました。

2020年2月5日水曜日

長峰山と穂高湖(2月1日)

色々あって、超軽登山を続けていますが、今回はイレギュラーで。六甲山系の長峰山に登りました

 阪急神戸線の六甲駅がスタートです。
 ここで一回目のミス!六甲ケーブルと摩耶ケーブル間違えてしまいました。こちらの方がバス本数も多く、乗り込んでバスの進行方向から間違いに気づきました。
 とりあえず到着しましたが、ここから長峰山から穂高湖のコースに変更です。
 住宅街にある標識もない登山道入り口から登山を開始しました。なかなかの急勾配から始まります。
 ここで2回目のミスです。2人ともこの標識を見逃して、直進しました。
なんとなく道が不明瞭になり立ち往生していると、もう一人迷い込んだ肩が居られました。
なんとなく間違っているという結論になり、ルートを見つけるために引き返されました。
1~2分後にルート発見の声がしました。
戻ってみると、あきれるほど立派な標識がありました。
3人とも見落とすという快挙です。前段の登りが厳しくて、足元だけを見ていたの原因のようです。
 とりあえず鉄塔まで来ました。ここでも道に迷われた登山者さんに遭遇しました。
この山系は、道が崩落しやすく、ルート閉鎖や迂回路ができたりします。また、山道の風景も変ってしまう事が多いので、むしろベテランの方の方が注意が必要と思いました。
 汗だくと筋肉疲労で、ヨタヨタになりながら天狗塚(山頂)に到着です。
なかなかの絶景が人気の場所ですが、今日は、誰もいませんでした。
 登る予定だった摩耶山が見えています。....天狗塚は絶壁ぽくて、怖い
アップダウンの尾根道を歩いて、ようやく穂高湖に到着です。
ここも人気の場所ですが、誰もいませんでした。.....お昼休憩です。