2018年2月8日木曜日

清荒神へ

中山寺奥の院を出ると、広い車道?を使い降りてゆきました。
途中で山道に入り清荒神へ向うつもりでしたが、間違えて西の住宅地の方へ降りてしまったようです。
 自衛隊の演習地です。住宅街に近い演習地ですが、そんな雰囲気はありませんね。

 道路を挟んで隣にある公園です。トイレやベンチもないシンプルな公園です。
 遠足でよく行った甲山です。かなり上部まで住宅が迫ってきています。こんな山でも遭難者が発生したことがあります。
 宝塚動物霊園前に到着です。この業界ではパイオニア的存在だとおもいます。....1967年開園
 結局、登山道を見つけられず、高速道路沿いを東に歩いて清荒神に着きました。
 お寺と神社が合体した霊場です。まずは神社側から
 お参りの人が行列を作っていました。
 お賽銭持ち帰りの場所です。説明書きが無いために躊躇しそうな感じです。
 こちらは、お寺のほうです。若いお坊さん達の読経の声が、スピーカーから流れていました。

 参道の露店です。何も買わなくても懐かしい感じがして、ホッコリする空間です。
おでんと関東煮の表記がごちゃ混ぜになった看板を面白がって、撮影しました。

2018年2月6日火曜日

天宮塚から山頂~中山寺奥の院へ

何度か歩いているはずなのに、紛らわしい分岐で思案してしまいます。
そこは地図で何とかクリアーと思うのですが、地図にない道があったりするので困ります。
踏み跡やテープも頼りにして進んで行きました。
 天宮塚に到着です。このルートでは、最も南側の眺望が良いところかもしれません。
この途中の急坂は心拍数が上る所で、久しぶりにゼーゼーしました。
 伊丹空港や猪名川など阪神間の街並みが一望できます。
 こちらは西宮方面でしょうか
 中山寺を建立された聖徳太子が修行された所とされているようです。
 ここまで登ると、後はダラダラとした尾根道となります。食事どころの山頂広場は積雪で使えないようです。風も強くなってきましたので、南の斜面に陣取りました。
 山頂広場は北側のゴルフ場を見ることになります。この山系は、住宅とゴルフ場が近接しており、その間を縫うように登山道が存在している箇所が多いです。
 寒い季節ですが、交通のアクセスが良いので、老若男女を問わず、多くの登山者が訪れていました。
ところどころに伐採した木がビニールに包まれていました。....なら枯れ対策のようです。
 標識もしっかりとありますので、迷う箇所は少ないようです。
 昼食後は、清荒神を目指しますが、まずは中山寺の奥の院を訪れました。
ガイドブックには、中山寺から50分ぐらいとあります。自動車が通れるような道もあり、山道と組み合わせながら降りることにしました。
 新装なった本殿です。
すぐ横にある弁財天の社です。このあたりは子供さんも多く訪れていました。

2018年2月5日月曜日

宝塚・中山~清荒神

寒波襲来で、何処の山も凍結・積雪となっているようです。
この時期の登山では、標高の低い山を選んでいます。
低山でも遭難者が出てしまうことが多いようですが、詳しく見てみるとかなり無謀且つ無茶な事が多いようです。......単独登山で、滑落や怪我で動けなくなったり、午後二時過ぎに登って、下山するころには真っ暗で動けなくなったり、などいろいろあるようです。
 そんなこんなで、宝塚の中山寺の奥の中山に登りました。(3度目)





ここは、JR福知山線の中山寺駅です。中山寺へは、阪急宝塚線の中山観音駅の方が近くなります。
聖徳太子が建立した日本最古の観音霊場とされています。その昔から、安産祈願のお寺として、皇室や武家や庶民に至るまで、幅広く信仰されていました。
妊婦さんのためでしょうか、エスカレーターもあります。浄財も多いのでしょうか?お寺全体が新しく見えます。
山道は霊園を抜けた西側にあります。後2ヶ月ほどで、綺麗に咲いてくれるでしょう。
最初は、なだらかな坂を登ります。数日前の雪が溶けたのでしょうか?かなりぬかるんでいる感じです。

木製の堰堤です。すぐ近くまで住宅開発されているからでしょうか?これから先には、たくさんの堰堤が待ち受けています。
 コンクリート製の堰堤もありましたが、これはロックウェルダムぽい堰堤です。堰堤越えのところは急峻な所が多く、ジャブのように後で効いてきます。
 沢渡りを何度か繰り返して行く山道ですので、慎重に足場を確認して行きます。
構成する岩石の成分でしょうか?鉄の錆び色の所が多く現れてきました。
 登るにつれて、気温も下がってきました。ところどこで、雪や凍結した所が目に付き始めました。
夏場なら、楽しい渓流となりますが、冬場はご遠慮願いたいです。

2018年1月30日火曜日

雌岳から

500mクラスの低山ですが、それなりに気温も下がり雪も多く残っていました。
 なかなか人気の山であります。トイレ設備もありますので女性の方も多く登られていました。
 雌岳は眺望もよくベンチも多くありますが、雄岳は天皇陵?があったりしますが、眺望もなく寂しい感じのところです。
 その雄岳を望みます。
 雌岳の名物の日時計です。午前11時30分過ぎでしょうか?(地方時)
 山頂から葛城山や金剛山が重なって見えます。
 こちらは、奈良盆地の大和三山です。山を隔てて大阪側との景色の違いは極端です。
 南側の下山道は、暖かく凍結箇所も雪もありません。岩橋山から葛城山の姿は必見です。
金剛山の山頂部はガスがかかっているようです。
 竹之内峠方面との分岐です。今回は当麻寺方面に下りて行きました。
 谷間の道で、凍結箇所も多くて、難儀しながらの下山となりました。
夏場は嬉しい水のみ場ですが、冬場は危険地帯です。
 なんとか祐泉寺まで降りてきました。これより一般道となりますので、安心して進めます。


 二上山自体が水資源の根幹となっている山で、その昔からお祭りがあるそうです。
裏向不動明王とあります。役の行者による不動明王ですが、人が通れないほど、御霊気が激しかったそうで、裏向きに設置して対処したということです。
 しばらく行くと、お決まりの古墳です。
 奈良県にはまだこのような酒蔵が残っています。
道の駅からの風景です。

2018年1月29日月曜日

二上山登山

寒波襲来で何処も積雪となっているようです。
この時期は、必然的に低山登山となります。....雪山は遠くから眺めているだけです。
久しぶりに、奈良県との境にある二上山に登りました。
 近鉄南大阪線野の二上山駅です。その他に近接して、二上神社口駅や近鉄大阪線の二上駅などがあって、少し迷ってしまうかもしれません。
30分以上前に到着してしまい、氷点下1度の中で、体操をしながらの待機でした。......待合室がありません。
まず向うのは、雄岳の方です。
 大和高田バイパスの近くにある春日神社です。少し高台になっているので通過していましたが、今回は参拝して行きました。
 バイパスを越えると、ガッツリとした急坂が続きます。たくさんある二上山の登山道の中でも比較的厳しい所かもしれません。
 奈良県と大阪府との交通の要所です。鉄道や道路が集中しています。
北の方向に、信貴山や生駒山が見えています。
 銀峰と呼ばれているところです。あまり眺望はありません。
北斜面や谷間では、凍結箇所がありました。
 バリバリと言う音をさせながら進むと大阪側の景色が見えてきました。
今回は雄岳のピークは迂回して、鞍部に向いました。
ルート確認のため案内地図を見ましたが、北の方向がバラバラで脳内変換に時間がかかりました。