2017年12月6日水曜日

山之辺の道 

途切れ途切れの記載となりました。
ようやく天理への道です。
 念仏寺に到着しました。745年に行基によって開山されたそうです。
 お寺の前のムムムな石像です。可愛いのか?微妙です。
 西山塚古墳近くの池です。水利のよくない奈良盆地では、ため池が数多くありますが、これは、古墳のお堀のような感じです。
 波多子塚古墳です。4世紀ごろのものだそうですが、開墾等で当時の面影はなさそうです。野良仕事の用具入れのような掘っ立て小屋が、存在しています。
 西側(大阪側)の風景です。この場所は、たぶん2回目です。天理ダムからの帰りに、この道を下って長柄駅に向いました。
 夜都岐神社に到着しました。静かな田舎の神社と言うところです。春日大社とのかかわりが深いそうです。
 拝殿は珍しい萱葺き屋根です。この周辺にも古墳がいっぱいあって、どうやら古墳を平らにして造営されたと言われているそうです。
 山桜でしょうか?柿やミカン・梅などの木が栽培されている山之辺の道に、新鮮な感じでした。
 石上神宮に到着しました。この道を奥に進むと、山の辺の道の北ルートとなります。
 古事記・日本書紀にすでに記載があるほど古い神社で、伊勢神宮との関わりも深いそうです。.....明治時代に官幣大社になっています。
 本来、本殿はなく禁足地があって神宝が埋斎されていたそうです。物部氏が祭祀し、大和朝廷の武器庫でもあったそうです。
 休憩所は鶏に占拠されていました。春日大社の鹿に対抗しているのか?ここでは東天紅烏骨鶏が30羽ほど放し飼いになっています。....吉祥の霊鳥だそうです。
 本殿などは新しく感じましたが、境内の雰囲気は、一味違う奈良の神社です。
恐ろしく長い天理の商店街を抜けて、天理駅に着きました。......宗教都市「天理」を味わえる商店街です。
立派な駅舎ですが、本数は少なく、車両も短いワンマン運転です。近鉄天理線の終点でもあります。山道ではありませんが、なかなか歩き応えがありました。

2017年12月5日火曜日

羽束山

頂上には私たち以外に、3名ほど居られました。皆さんそれなりの年齢で景色を堪能されていました。
 わかり難い写真ですが、資材を運ぶケーブルがありました。
下山道は参道となっている南側から降りて行きました。
 こちらの道は、よく整備されていて、ストレスなく進む事ができます。....面白みにかけるかも?
 甚五郎岳方面への分岐でもあるようです。
南無阿弥陀仏の文字が妙に印象的です。
 参道と言う事もあって、丁石が設置されています。.....古いものなのでしょうか?文字が消えかかっています。
 北側とは雲泥の差。しっかりとした道となっています。
 八王子神社です。西には、香下寺があります。
 竹製の杖が沢山置かれてありました。
 午後からのバスの便は一本も無い所で、歩いて三田駅まで行きます。右手が羽束山で、正面が宰相ヶ岳です。
 ゴルフ場の横を舐めるように進むと、有馬富士登山のときに出合った、石碑郡の交差点に着きます。
 今回はこの下にある陶芸館に寄ってみました。あまり誰も来ないのでしょうか?係りの人がいろいろと説明して下さいました。
 粘土の形作りのための元型だそうです。立体を逆転して作られています。
明治時代に日本の青磁は大ブームとなったそうで、量産の歩留まりをよくするため大型化されました。
そのため、当地に豊富にあった燃料の黒松や土が枯渇して、終焉を早めたようです。



2017年12月4日月曜日

山之辺の道

 なにげ通過していた巻向遺跡が、邪馬台国ではないかという噂もあって、
改めて画像を見ても、普通の田舎の風景であります。
 ゴソゴソ掘り返せば、何かしら出てくるのが大和の国でもあります。

生駒山を境に風景が一変します。
ほとんど高い建物がなく、田畑が多く見られる大和盆地です。

 日当たりのよい丘陵地帯では、柑橘類の栽培も盛んです。

 多くのハイカーさんで賑わっています。農作物の無人販売所も多く、昨今の野菜価格の高騰で皆さん、手荷物が増えていました。
 龍王山の麓にある崇神天皇陵の近くに来ました。何度か通った道です。
 こんもりとした地形は、全て古墳かも?

 道路右手にも小さな古墳あります。
 矢田丘陵越しの生駒山です。
 長岳寺の入り口まできました。なかなかの賑わいです。


 この山の向こうが天理ダムということになりそうです。
 歯定神社です。中山大塚古墳の中にあるようです。古墳まみれで、足の踏み場もない感じです。石上神社までもう少しです。(4~5km?)


羽束山 登山

山之辺の道の後編をアップする間もなく、兵庫県三田市の北にある羽束山に登ってきました。
以前に登った千丈寺山や、有馬富士からも近いところにあります。千刈湖の北に位置していて、道上駅から歩いてくる方もおられるようです。
 
JR三田駅北側のバスターミナルです。数少ない貴重なバス路線を利用しての登山です。
 25分ほどで木器(こうづき)というバス停で下車となりました。細い道ですが交通量は多いです。
 バス停より南に位置する羽束山は、山容が綺麗な山です。登山口までは2kmほどでしょうか。野外活動センターが目印です・・・三田市立ではなく伊丹市立となっていますが、今年の春に民間に売却されたようです。......このような施設は山歩きの中で、沢山見られます。中には、売却もままならない所もあるようです。
 犬の散歩をされている方を見かけましたが、ほぼ無人です。.....体育館も荒れた感じです。
 12月ともなると、昼時でも影が長いです。しかし、歩いていると、暑く感じるほどの気温でした。
 野外活動センターの具合からして、想像通り荒れた山道でした。倒木が多く、迂回路もあって、ガイドブックに掲載されている時間より、かなりかかります。
 道なのか?ロストしそうな感じです。....ほめられた事ではありませんが、テープ頼りになってしまいました。
 山頂手前から、ロープ場や、岩場が増えてきます。標識や、ロープの設置場所が崩れている所もあり、なかなかデンジャラスです。.....見えているのは宰相ヶ岳(500.5m)
 金色眩しい宝珠があるお堂です。鐘楼もあって、本格的です。
 室町時代からの丹波修験道の霊場の一つとなっています。....立地の悪い所に、よく建設できたものです。
 南側にある香下神社です。524mの羽束山の別名ともなっています。(香下山)
 南側の展望台は眺望抜群です。有馬富士も見えているはず。

2017年11月25日土曜日

山の辺の道

はっきりとした跡付けがないそうですが、総延長26kmで、歴史に登場する最古の道となっています。
特に、桜井~天理間の16kmの大部分が、東海自然歩道になっており、ハイキングコースとしても有名です。
 沿道には、沢山の神社仏閣や遺跡・古墳など満載です。
 道も舗装道路や地道・石畳などいろいろで、昨日からの雨で、かなり滑ります。道幅も狭くなっている所もあります。.......さすがに外人さんは少なかったです。

 晩秋と言うより初冬と言う感じでした。紅葉も渋い色になってきました。
 桧原神社に到着です。しめ縄だけの鳥居が迫力があります。
 小さなアップダウンが足にこたえます。
 時々、集落や道路に出てきますので、注意が必要です。

 生駒山系の山々が見えています。
 三輪山も晴れてきました。
 200mほど奥に相撲神社があります。
何かと話題ですので、寄り道です。
 遺跡から当時の繁栄ぶりが見えます。
相撲神社の社となります。境内はかなりの広さがあります。
神事としての相撲がおこなわれていたのでしょうか?