2017年10月13日金曜日

有馬富士から三田駅へ

このところマラソン練習の後遺症で、書き込み忘れが激しいようです。
11月の大阪マラソンまでに体を作らなければなりませんが、今のところハーフで沈没であります。.....後は使い物にならない体が残ります。
 ようやく芝生広場に到着しました。気温が高くて遊ぶ人は疎らでした。
 振り返ると、有馬富士が見えるはず.....近すぎてピークが隠れているようで、一段下の駐車場からようやく先端が見えました。
 その駐車場の端から下ると、大池に出てきました。柿の実がアクセントとなって、なかなか良い景色です。
 地図で確認していた椎茸ランドは、高台にあって駐車場も大入りでした。
 これより三田駅に向う道から、有馬富士の姿がはっきりと見えました。黄金色の稲穂がゴージャスです。
 ゴルフクラブの横の道を進むと石標郡があらわれました。道しるべもあるのだと思いますが、多すぎてわかりません。
 車が一台ぐらいしか通れない坂道に、三田焼きの資料館がありました。陶芸教室もあるようで、かなり大規模のようです。
 その昔、三田焼きの搬送路だったのでしょうか?謎の石標郡も関わっていたようです。
三田駅に到着です。主たる駅ですが、人影もまばらで、車だけが行き交っていました。....ホームには乗降客は沢山いました。

2017年10月11日水曜日

有馬富士 登山

夏に戻ってしまったかのようなお天気で、この日も汗を掻きながらの行脚となりました。
 普通は山の麓に公園等があるという感じですが、ここは、公園の一部に山があると言う感じです。
 標識看板は豊富ですが、細かな道も多く、意外とロストしていまいます。.......公園は意外と迷ってしまう事が多いそうです。
 道中、多くの方が道を尋ねてこられました。
 1.5時間ほどの山行きなのですが、頂上付近はなかなかの急坂で、岩場となっています。
 狭い山頂には7~8人の登山者で賑わっていました。
 三角点もあります。祠や地蔵さんなどもなく、モダンな山という感じでしょうか?
 南側は岩場で眺めは大変良いところです。帰りのルートを捜しに岩場を下りましたが、先に進める道を発見できませんでした。
そのおかげで、大変良い景色を見ることが出来ました。正面に六甲山が見えていました。
 西に目をやると、大池が見えてきました。
 頂上まで戻ると下山ルートが、わかると言う仕掛けでした。ただし短いけれど急峻な岩場ですので、慎重に進まなければなりません。
 その後に続く登山道は粘土質で滑りやすく、油断大敵です。

 さすがに,秋なのでしょうか?キノコがあちらこちらに生えていました。
何とか周回道路に出てきましたが、見晴らしがないので、芝生広場が見当たりませんでした。何とかガイドブックを読み返して進みました。

2017年10月10日火曜日

有馬富士登山

兵庫県三田市の北にある有馬富士に登りました。
低山続きのついでに、この山を選びました。山歩きとすれば1.5~2時間ほどとなります。
 宅地開発で新しく出来た駅です。電化が進み大阪までの通勤時間が短縮されました。
と言っても山側はかなりの田舎風景です。きょうも気温が高く、Tシャツ一枚になってお山をめざします。 
 ガイドブックに則り、脇道に入ります。稲荷神社の御旅所を進みます。
 あまり情報がありませんが、天満宮がありました。横の川沿いに進みます。
 ほどなく福島大池に到着です。要所で人に出会うのが新鮮でした。(最近登った山が寂しすぎましたから。)
 池に映る有馬富士です。山容がはっきりわかる山も久しぶりです。正面に見えるかやぶきの家が気になります。
と言う事で寄り道しました。何組かの家族連れが休憩中でした。自由に休憩できるそうです。
移築した家ではなく新しく作られたそうで、炭焼きなども行っているそうです。
薪や炭なども備蓄してありました。
 縁側からの風景です。今や贅沢な空間です。
とりあえずの水車でしょうか?遊具も輪投げ程度しかありませんが、子供達はテキトーに遊んでいました。

2017年9月27日水曜日

お菊山下山

朝の陽射しはどこへやら、うす曇で遠くの景色も霞んでいます。
 関西空港の連絡橋がしっかりと見えていました。
この日の午前中に離陸した飛行機のパネルが大阪市内に落下して、通りがかりの車がはそんしたそうですが、事故現場は自宅から2kmほどしか離れていません。
元来自宅周辺は、大阪空港に着陸する飛行機からの落下物が多いのですが、関空からの飛行機は初めてかもしれません。
 とりあえず、下山は右手の新家駅を目指します。
 低い山ですが、なかなか深い谷が形成されています。さすがにこちら側は、登山者の往来があるのでしょう。蜘蛛の巣がほとんどありませんでした。
 ザレ場からの眺めも気分転換になります。
 静かな登山道です。本日は全く人に逢えませんでした。
 振り返れば里山として存在している事がわかります。お菊山の正式名称は経納山ということでした。

 種河神社の横を通って、新家へ向います。表参道は工事中でした。
 随分と時間がかかってしまいましたが、何とか到着しました。

2017年9月25日月曜日

お菊山登山 まずは大山へ 

非業の死を遂げた豊臣秀次の娘お菊は、家臣の手によって逃れ、阪南市の豪族の娘として育てられました。その後紀州の代官と結婚しましたが、豊臣方についた夫のために密使を引き受けることとなりました。
 大阪城までの道中で、男装するため髪を切り落とし松の木に下に埋めたのが「お菊の松」、現在のお菊山の由来となっています。
 なお、お菊は帰路において敵方に見つかり処刑されたということです。悲哀に満ちた物語のお山ということです。
 なんだかんだで1時間近くかけて登山口に到着です。これより大山に登り尾根道を進む行程となります。
 池の周囲の道は周回道路になっていて、数人のランナーさんと出会いましたが、山行きさんはほとんど見かけませんでした。
 この分岐で出会った3人の御婦人たちに、蛇やガレ場に気をつけるようにアドバイスを受けました。
なかなかの急斜面が続き、大汗が出ます。途中に眺望があるのが救いです。今までうろついていた池も見えていました。
 所々崩落箇所があったり、ガレ場のやせ尾根があったりで、スリルもありました。 
.....苦手です。

          
お菊山より高い 383mの大山に到着しました。低山ながら侮れない山です。滑落すれば事故になるようなところもありました。
 こちらのルートは誰も来ていないのか?蜘蛛の巣地獄でもありました。 

 とりあえず、三角点です。これよりアップダウンの尾根道となります。
ぼやけていますが、殿山を示す標識です。この後ろ側の数メートル上が殿山の頂上となりますが、眺望はありません。
 標識の数メートル先は眺望が広がり、関西国際空港も見えていました。

 小さな花?が目を引きます。この先の送電鉄塔の下で昼食となりました。
蜘蛛の巣が登山口より張り巡らされている感じで、小枝をグルグル回しながらの行脚でした。
ようやくイワク因縁の渦巻く、お菊山に到着しました。ガイドブックよりも時間がかかってしまいました。今の所出合った登山者は0人です。

お菊山登山

気まぐれな天候で、登山予定が延びて23日(土)にお菊山に登りました。
大阪南部の和泉山系の西端の支脈が、今回登ったお菊山山系となります。
何やら奥深い伝承のある山名ですが、320mほどの低山であります。
 天王寺からJR阪和線に乗り、関西空港との分岐の日根野駅の次の駅になる長滝駅がスタートです。
 なんとか酷暑をやり過ご瀬増したが、今回も大汗の山行きとなりました。
登山道までのアクセスが乏しくて、約時間あまりの田舎道歩きとなりました。
さほど涼しさ感も感じられなかったのですが、彼岸花が季節の到来を告げていました。
 
          
 秋祭りのシーズンで、日曜日にはだんじりも進行します。
 昭和レトロを越えた感じの理容院?です。
 山と人間界との境目にある意賀美神社です。室町時代に建立された社殿は重文となています。
 秋祭りで賑わっていました。
 踊りを奉納されるのでしょうか?同じような着物を着た方々が続々と集まってきました。
 露店というよりもバザーのような感じで準備されていました。
 神社の横をすり抜けるように進むと新滝の池に到着です。石碑の横山ノックの文字が妙にむなしく思えてしまいます。
 水位は随分と低めでした。
池と言うよりもダム湖のようです。